忘れるほど軽い

がん治療の抗がん剤による副作用として、脱毛してしまうという事実は、広く知れ渡っています。以前は、医療用の帽子を着用する方が多かったですが、今では便利な医療用ウィッグが注目されています。

お手入れ医療ウィッグは、軽いことをとても重視しています。軽くないと、使用する人の負担となりますので、なるべく軽くなるように作られています。軽いものだと、タバコ1箱分の重さとほぼ同じものもあります。基本的には、毎日使うもので、髪の毛が抜けてしまったことへのコンプレックスを感じなくするような自然な使用感にこだわりを持っています。人の髪の毛に近い素材を使用しながら、耐熱180度ある素材もあります。お手入れが楽なので、人の髪の毛でできたウィッグだとシャンプーやリンスをする必要もありますが、熱湯をさっとかけたりもできるので、手軽なお手入れも魅力的です。人工毛は、手で植えているものが多く、一見、ウィッグには見えないものも多くあります。自然な髪の毛のラインを再現しているので、見た目の自然さという面でも満足感が高いです。更に内側のネットの通気性が悪いと、頭皮のトラブルにつながりますが、このあたりの配慮もかかしていません

このように、医療用ウィッグは、病気で悩む方に向けた安心できるお守りのようなパートナーなのではないでしょうか。